私の理想の住まい

    少し前の夜、友達から電話がありました。
    その友達は、結婚して以来いろいろと忙しくなったようで、かなりご無沙汰でした。
    なんでも「家を建てたので、時間がある時に遊びにおいで」ということでした。
    数日後、さっそくお言葉に甘えて、友達の新しい住まいに行ってみました。

    そこは、閑静な住宅街の道路沿いにある、落ち着いた雰囲気が印象的な、庭付きの平屋でした。
    お茶を出してくれた友達に、どうして平屋にしたのか聞いてみたところ、「今は夫婦だけで住んでるけど、いずれは両親も同居する予定なんだ。老人には階段が少ないほうが良いと思って..」ということでした。
    平屋の方が、家族と顔を合わせる時間が増えて楽しいから、という理由もあったそうです。

    また、全ての窓にはカーテンではなく、ブラインドがかけてありました。
    珍しがっていると、「それだと開閉の角度が自由だから、外からは見えないようにしつつも、日光は入れられるんだよ。」と、教えてくれました。
    確かに、カーテンよりも開放的です。
    友人宅を見て、家族の暮らしやすさを考慮した作りに、すっかり感心してしまいました。
    私も「いつか家を建てるなら、こんな住まいにしたい!」と、いい刺激になりました。

    友人は不動産の事に詳しいので家をたてる建てる時は相談にのってもらおうと思っています。
    最近実家の老朽化が進んできていて、私たち夫婦と同居するのに立て直しか新しく土地を購入して都心に近い場所で中古の戸建てを購入するか検討中なのです。
    実家はど田舎で都心にでるのに電車やバスを乗り継ぎ、おまけに駅まで車です。
    確かに家を建て直すほうが安いかもしれませんが、通勤や通学がものすごく不便です。
    だったらいっそのこと実家の土地を売ってしまい、新しく中古でも購入するか?と家族会議中です。

    ただ友人に家の話をするといつも言われるのが、売却は注意するということです。
    家を借りる時に何軒も内覧に行くように、それ以上に慎重にならなければいけないという事です。
    それは私が面倒が故にポーーンと物事を決めてしまうからなんですが(笑)
    不動産の売却は変な業者に当たると数百万も損してしまうし、1社だけで決めてはダメと口うるさく言われます。
    しかし、今は便利でインターネットで不動産を売るための一括見積のサービスがあるのですね。
    めんどくさがりの私でも使いやすそうです。
    家の売却は早め早めで動いた方がいいそうです。
    そろそろ見積だけでもだしてもらい家族会議の参考にでもしますか・・・。

    こんな私でも理想としている住まいがあるのです。
    それは縁側のある日本家屋です。
    外に池があってそこに何匹か鯉泳いでいて、庭には桜の木があって春には自宅で花見ができるような家です。

    実はこのイメージは、私の祖父の家そのままなのですが、祖父の家はとても趣があってとても気に入っているのです。
    外観も内観も私の理想に合っているのですが、ただネックなのは車と停める環境がない(高台の山の上にあり、車庫もない)ことと、ネット回線が引かれていないことです。
    やはり理想の住まいには、外装内装がイメージに会っているかという面も大事ですが、長年住むと仮定すると、今の時代、車を停める場所とネット環境は最低限必須だと私は考えています。

    風情があって落ち着きのある日本家屋の一室が、近代的なPCルームになっていると、ギャップがあってとても面白いと思います。
    仕事上の実務的な作業はそういった環境で行い、一家のだんらんや、アイデアを出すときは、風光明媚な庭でゆっくり時間を過ごす、というのが私の理想です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です